新着情報

2014/05/12

切れ痔(裂肛)【痔ってなんだろう?】

切れ痔(裂肛)の症状と特徴

肛門の入口から3~4センチほどのところに、歯状線というのがあります。これが皮膚と粘膜の境目になっていて、これより肛門までは、表面が皮膚に覆われている部分です。一方、この奥の方の直腸側のところは粘膜に覆われています。
裂肛(切れ痔)は、歯状線より外側の部分にできた傷、つまり、皮膚の部分にできた傷、あるいは「小さいケガ」のことをいいます。
裂肛の原因には、肛門を通過する便の状態が関係します。便が硬すぎたり、太すぎたり、あるいは、下痢などに起因する物理的な作用によって傷がついてしまうこと、つまり、排便のときのトラブルが裂肛の原因として、まず挙げられます。それから、皮膚は本来ゴムのように柔軟性があるのですが、慢性的な炎症によって硬くなっていることがあります。こういう場合も、排便などで皮膚が裂けやすくなりますので間接的な原因となります。
肛門の構造上、切れやすい箇所もあります。それは、仰向けになった状態の肛門を時計に見立てると、上部の12時の箇所と、下部の6時の箇所です。そして、便秘の場合、前の傷が治らないうちに、また、新たな傷がつきます。それを繰り返すうちに、その組織が硬化し、傷の治りも悪くなり、ときに括約筋まで達する深さになることがあります。

 

切れ痔(裂肛)の治療方法

裂肛はケガである、という観点からみれば、その治療は軟膏と座薬が有効ということになります。肛門の皮膚は再生力が強いので、だいたい一週間もしないうちに治ることが通常です。裂肛は、硬い便の排出など、アクシデントで起こる疾患ですから、子どもにも起こりますが、子どもの回復力は、大人よりもさらに早くて、処置をすれば、2、3日で治ってしまいます。
裂肛は、通常、手術を必要とせず、保存的治療で治るのですが、便が硬かったり、下痢を繰り返す人は、その原因を取り除かなければ、根本的な治療にはなりません。便秘であれば、いつも硬い便になりますから、当然、裂肛を繰り返す条件となります。
肛門の構造上、切れやすい箇所もあると述べましたが、この部分の傷が、ときに括約筋まで達する深さになることがあります。ここまでくると、慢性裂肛(肛門潰瘍)となり、手術の必要性も出てきます。

 

切れ痔(裂肛)の予防

先に述べたように、便が硬かったり、下痢を繰り返す人は、その原因を取り除かなければ、根本的な治療にはなりません。
裂肛の場合は、排便行為が関連していますから、便通がスムースに行なわれるようにコントロールすることが大切です。下痢でもなく、硬く太すぎない、適度な軟らかさをもった便を、少し息むことで出せるのが理想的です。排便とは、成人の場合、ビールの中瓶(500ミリリットル入り)くらいの容積の、直腸にたまった便を出すことですから、本来であれば、1~2分で終わるものです。和式トイレだと長く屈んでいると足が疲れてきますが、洋式トイレだと長く座っていられます。しかし、10~15分以上も息むと痔を悪化させる要因になります。
また、排便後ですが、トイレット・ペーパーで拭くだけでは、きれいになりません。きれいにしようと拭けば拭くほど、皮膚がただれて悪影響を及ぼします。洗浄便座や洗面器に入れたお湯、シャワーなどで洗い、タオルで優しく拭くぐらいが適当でしょう。ただし、石鹸を使ったり、消毒したりするのは、肛門の皮膚を刺激しますから、かえってよくありません。

便について

家庭医学の本などのなかには、「便が細いと直腸ガンの疑いあり、要注意」と書いてあるものがあります。そこで、患者さんのなかには、「先生、近ごろ便が細くて……。大丈夫でしょうか?」と質問される方がいます。しかし、「細い便」というのは抽象的で、軟らかければ細くなり、硬ければ太くなるのです。ちなみに、患者さんに、便の硬さについて尋ねると、「太くて健康です」とか、「健康的なサイズです」というように答える人がいます。しかし、これらは、誰かと比べているわけではないでしょうから、自分のなかにあるイメージが基準となっているはずです。よく、「バナナのような便が健康だ」といわれます。このイメージで、太いとか細いとかいわれるようですが、しかし、太いということは、硬いということですから、肛門科医の立場からすると、バナナの太さでは、太すぎるし、硬すぎます。肛門は直径で3~4センチぐらいしか開きませんから、そこをバナナ大の硬い便が通過するとすれば、裂肛になる可能性があります。
また、下痢の場合も裂肛になることがあります。硬い便の場合、肛門を通過するとき傷をつけるのはイメージしやすいと思うのですが、しかし、下痢でなぜ裂肛になるのか。皆さんもご経験のことだと思いますが、下痢というのは、一度で排便が終わらないことが多いでしょう。一度排便が済んだ後、再び便意をもよおして、トイレに駆け込む……というのは、誰しもが経験していることだと思います。それが頻繁に繰り返されるとどうなるかというと、回数が増えるにともなって、紙でお尻を拭く回数が増えるでしょう。すると皮膚を摩擦して、ただれて、痛みやすい状態になります。それから、肛門は消化器系の出口です。胃などで非常に酸度の強い消化液を出して、食べたものが消化される。通常であれば、そういうものは、肛門に至る前に、腸で水分とともに吸収されるので、通常の便となる。それと同時に、中和されて粘膜や皮膚に付着しても、何の作用も及ぼさないようになるはずなのです。ところが、下痢の場合、未消化便に混じって刺激性のある消化液が、肛門まで下りてきてしまうわけです。そのために紙で拭いて、摩擦され、炎症を起こしたりして硬くなり、切れやすい状態となっている皮膚にさらに刺激の強い便が付着し、悪化させる原因となります。

 

その他の記事

『痔の種類』は こちら

『いぼ痔(痔核)』は こちら

『切れ痔(裂肛)』は こちら

『痔ろう(痔瘻)』は こちら

『痔の痛さについて』は こちら

『痔の手術は痛いか?』は こちら

『市販薬について』は こちら

新着情報一覧へ

医療法人 恵仁会病院グループ

女性専門完全予約制 松島ランドマーククリニック 肛門疾患専門のクリニックです。松島クリニック 大腸内視鏡検査 大腸癌の早期発見都内にお住いの方はこちら 松島クリニック汐留

医療法人松島病院大腸肛門病センター