新着情報

2014/05/12

いぼ痔(痔核)【痔ってなんだろう?】

いぼ痔(痔核)の症状と特徴

いぼ痔(以後、痔核と記す)は、それができる場所によって、「内痔核」と「外痔核」に大きく分けられています。
肛門の入口から3~4センチほどのところに、歯状線というのがあります。これが皮膚と粘膜の境目になっていて、これより肛門までは、表面が皮膚に覆われている部分です。一方、この奥の方の直腸側のところは粘膜に覆われています。
そして、歯状線の外の皮膚側にできるものを外痔核、内の粘膜にできるものを内痔核といっています。

内痔核は、静脈叢という血管がうっ血して、表面の粘膜を押し上げて「いぼ」のように膨らんでくる状態を指しています。そして、やがて、ある条件のもとで、この膨らみが成長し、さらに粘膜を支える支持組織の緩みが加わって、排便とともに肛門の外へ顔をのぞかせるまでに大きくなってきます。
肛門から出た内痔核は、排便後、肛門のなかに戻っていくのが自然なのですが、さらに大きくなると、排便後、肛門が閉じたときに挟まれて、手で押し込んでやらないと戻らなくなります。そして、さらに悪化すると、手でも戻せなくなって、常に出たままになります。
このように、内痔核は、その大きさ程度によって、1度、血管が粘膜を押し上げている程度の状態。2度、それが肛門の外に出てくる状態。3度、それを手で押し込まないと戻らない状態。4度、常時、肛門から出てしまっている状態の、4つの段階に分けられています。

次に外痔核ですが、内痔核と異なるのは、それができる箇所が皮膚に覆われた箇所だということです。皮膚は粘膜に比べると丈夫で、仲縮しにくいですから、放置しておいても、内痔核のようにどんどん大きくなってしまうということは少ないのです。急性の炎症を起こさない限り、通常の生活をしていて、外痔核が出血するとか、痛むということはまずありませんから、患者さん本人が気にならなければ、そのままにしておいても特に問題はないでしょう。

それから、痛みに関してですが、内痔核の4段階は、段階が進むにつれて痔核が大きくなっていくのですが、では、それにともなって痛みも増すのかというとそうではありません。実は、内痔核ができる歯状線より奥の粘膜部分には、痛みを感じる神経がないのです。したがって、内痔核が大きく腫れても、また、出血しても、痛みはありません。要するに、内痔核の大きさと痛さは別の問題で、痔核が小さくて、その存在に気がつかなければ、それは存在しないのと同じものとして解釈していいでしょう。

 

いぼ痔(痔核)の治療方法

内痔核については、1、2度の段階は、投薬や塗り薬などで、手術をせず、保存的に治療することが可能ですが、3段階の手で戻さなければならない状態(これを「用手的還納」といいます)までくると、手術をするのが適当だとされています。
痔核は、出血、残便感、腫張感、違和感、脱出などの自覚症状が出てから治療すれば、まず大丈夫なのです。ただし、痔核が成長していけば、最終的には手術が必要になってきます。ただでさえ肛門は見えにくい場所にあるのに加えて、痛みを感じにくいですから、手術が必要になるまで、気がつきにくいのも実情です。

 

いぼ痔(痔核)の予防

痔核の場合は、排便行為が関連していますから、便通がスムースに行なわれるようにコントロールすることが大切です。下痢でもなく、硬く太すぎない、適度な軟らかさをもった便を、少し息むことで出せるのが理想的です。排便とは、成人の場合、ビールの中瓶(500ミリリットル入り)くらいの容積の、直腸にたまった便を出すことですから、本来であれば、1~2分で終わるものです。痔核になると残便感がありますから、用を足しきれていないような感じがします。和式トイレだと長く屈んでいると足が疲れてきますが、洋式トイレだと長く座っていられます。しかし、10~15分以上も息むと痔を悪化させる要因になります。
また、排便後ですが、トイレット・ペーパーで拭くだけでは、きれいになりません。きれいにしようと拭けば拭くほど、皮膚がただれて悪影響を及ぼします。洗浄便座や洗面器に入れたお湯、シャワーなどで洗い、タオルで優しく拭くぐらいが適当でしょう。ただし、石鹸を使ったり、消毒したりするのは、肛門の皮膚を刺激しますから、かえってよくありません。痔核はうっ血が原因ですから、長時間座り続ける、しゃがみ続ける、立ち続けるというように、同じ姿勢を取ることはよくありません。仕事柄そうした姿勢を取らざるを得ない人は、意識して休憩をとったり、軽い体操をしたりすることをお勧めします。

その他の記事

『痔の種類』は こちら

『いぼ痔(痔核)』は こちら

『切れ痔(裂肛)』は こちら

『痔ろう(痔瘻)』は こちら

『痔の痛さについて』は こちら

『痔の手術は痛いか?』は こちら

『市販薬について』は こちら

新着情報一覧へ

医療法人 恵仁会病院グループ

松島クリニック 大腸内視鏡検査 大腸癌の早期発見 女性専門完全予約制 松島ランドマーククリニック 肛門疾患専門のクリニックです。

医療法人松島病院大腸肛門病センター