新着情報

2014/05/12

痔の種類 【痔ってなんだろう?】

痔の種類

一口に「痔」といいますが、さまざまな定義があって、医学的には、「肛門部におこる疾患の総称」で、肛門ガンや肛門ポリープ、肛門から直腸が出てくる直腸脱、肛門の閉まりが緩くなってしまった肛門機能不全、あるいは、一種の接触性皮膚炎を起こしている場合なども含まれます。

一般的には、痔核裂肛痔瘻が肛門の三大疾患といわれていて、痔といえば、この三つを指す場合が多いようです。通常よく、いぼ痔切れ痔痔ろうといいますが、いぼ痔と切れ痔はいわゆる俗称で、医学的には、いぼ痔は「痔核」、切れ痔は「裂肛」といっています。

実際、肛門疾患のうち、三大疾患が、全体の9割強を占めています。最もパーセンテージの多いのが痔核で、全体の60~65パーセント、ついで裂肛と痔瘻で、二つあわせて、30パーセントです。ですから、この三大疾患を痔と定義するには充分な根拠があります。

痔の概要

それぞれの疾患をイメージしやすい言葉で、簡単に述べますと、痔核は、肛門の皮膚や粘膜の支持組織や血管がルーズになって、緩んだものです。つまり、緩んだ血管と粘膜の病気といえます。例えば、年をとると、シワができますね。それと同じで、「肛門にできた大きなシワ」ぐらいに考えておいていいでしょう。
裂肛は肛門のケガです。 痔瘻は細菌、主に大腸菌による感染症といえます。痔核は年齢による肉体の変化によって起こるものなので、成人になってからの疾患です。したがって、赤ん坊から小学生では、痔核はまずあり得ない。裂肛はケガですから、乳児や子どもからお年寄りまで起こります。痔瘻も、細菌感染ですから、幅広い年齢層で起こり得る。
そのように考えると、例えば、「40代を過ぎると痔が多くなる」といわれていますが、これが痔全体を指しているとすれば不正確で、実は、この痔とは、主に痔核を指していることがわかるでしょう。

その他の記事

『痔の種類』は こちら

『いぼ痔(痔核)』は こちら

『切れ痔(裂肛)』は こちら

『痔ろう(痔瘻)』は こちら

『痔の痛さについて』は こちら

『痔の手術は痛いか?』は こちら

『市販薬について』は こちら

 

新着情報一覧へ

医療法人 恵仁会病院グループ

松島クリニック 大腸内視鏡検査 大腸癌の早期発見 女性専門完全予約制 松島ランドマーククリニック 肛門疾患専門のクリニックです。

医療法人松島病院大腸肛門病センター