新着情報

2021/07/06

名誉院長・院長 就任のご挨拶

名誉院長就任のご挨拶
 

医療法人恵仁会  松島病院
名誉院長 黒水 丈次


 

この度、6月1日より院長を退任し名誉院長に就任いたしました。
院長在任中は皆様の協力を頂き、職務を遂行することができ、心から御礼申し上げます。

COVID-19感染が収束しない中、これまで院内感染を起こすことなく、松島病院を信じて来院される患者様に安全な医療を提供できたことは、職員一同の結束の賜物と感謝しています。

これからも松島病院の発展に尽くし、大腸肛門専門医の育成、特に排便機能の専門医の育成に尽力していく所存ですので、よろしくお願い申し上げます。

 

------------------------------------------------------

 

院長就任のご挨拶
 

医療法人恵仁会  松島病院
院長  宮島 伸宜

 

令和3年6月1日付けで松島病院院長に就任いたしました。
歴史ある松島病院に勤務できますことを誇りに思いますと同時に院長という大任を仰せつかり、身の引き締まる思いでおります。

 

私につきまして自己紹介をさせて頂きたく存じます。昭和57年に慶應義塾大学を卒業し、外科学教室に入局しました。昭和61年からは一貫して大腸肛門病学を学んでまいりました。前職は聖マリアンナ医科大学消化器・一般外科で東横病院に勤務しておりました。
東横病院には14年勤務いたしました。後半の7年間は病院長として職務をおこなってきました。いつかは原点回帰をして肛門病学に邁進したいと思ってきましたところ、縁あって松島病院に勤務することができました。

 

松島病院大腸肛門病センターは2年後に新病院が完成する運びとなりました。新病院では皆様方により良い医療を提供できますように職員一同が準備を進めています。
松島病院と松島クリニックが統合し、一体となった医療体制を構築できることになりました。内科と外科が一体化することによって検査や治療が切れ目なく行われることが可能になり、患者様にとって一層利便性が高くなります。大腸肛門疾患は年々増加の一途をたどっています。
松島病院は専門性の高い病院としての診療体制を構築し、患者様に満足していただける医師、スタッフ、新病院を作ってまいりたいと考えています。

 

新型コロナウイルス感染症の蔓延によって日本全体が暗いムードにつつまれています。しかし、ワクチンの接種が徐々にではありますが進み、横浜市でも大規模接種が始まろうとしています。国民の皆様の多くにワクチン接種が進めば新型コロナウイルス感染症は必ずや下火になると確信しています。

 

現在、残念ながら休止しております松島病院の患者様向けの取り組みもまもなく再開できると思います。今後も松島病院一同、診療に真摯に取り組み、新病院に向かって精進する所存です。

 

皆様方のご指導ご鞭撻をお願い申し上げ、院長就任のご挨拶とさせて頂きます。何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

 

新着情報一覧へ

医療法人 恵仁会病院グループ

女性専門完全予約制 松島ランドマーククリニック 肛門疾患専門のクリニックです。松島クリニック 大腸内視鏡検査 大腸癌の早期発見都内にお住いの方はこちら 松島クリニック汐留

医療法人松島病院大腸肛門病センター