痔ってなんだろう?

尖圭コンジローマ(せんけいこんじろーま)

疾患の概略

ヒトパピローマウイルスHPV6、11型の接触感染により発症する性感染症で、主に外陰部および肛門にできる尤贅(いぼ)です。

症状と特徴

肛門周囲ないし外陰部、肛門粘膜に先の尖ったものや平らなものなど、様々な形のイボが多数でき、徐々に増えていきカリフラワー状になることもあります。時にこすれて出血したりしますが、痛みを伴うことはほとんどありません。

治療方法

軟膏による治療もありますが、当院では切除を第一に行っています。小さいものは局所麻酔下で外来での切除が可能であり、広範囲のもの、大きいもの、肛門内にできているものは腰椎麻酔をかけて切除します。治療後再発することがあり、早期発見のため最低半年間は経過観察のため通院が必要です。

予防

性感染症であり、パートナーの感染が誘因となります。また性的接触の人数が多いほどハイリスクであり、生活上の注意が必要です。パートナーにイボがなくてもウイルスの潜伏感染の可能性があり、経過観察が大切です。

医療法人 恵仁会病院グループ

松島クリニック 大腸内視鏡検査 大腸癌の早期発見女性専門完全予約制 松島ランドマーククリニック 肛門疾患専門のクリニックです。

医療法人松島病院大腸肛門病センター