痔ってなんだろう?

粉瘤(ふんりゅう)

疾患の概略

皮膚の良性腫瘍の一つです。皮膚は表皮、真皮、皮下組織から出来ていて、皮下組織にある角質、脂質などの老廃物が溜まって袋状に膨らんだしこりです。

症状と特徴

周囲との境界のはっきりしたしこりを触れます。表面は正常の皮膚で、中心部に黒い点状の毛穴が見られることがあります。通常は痛み、かゆみなどはなく放置していても差し支えありませんが、自然に小さくなることはありません。細菌の感染を起こすと膿がたまり赤くなり、痛み、腫れます。破れて膿が出ることがあります。皮膚の体質により色々な場所に複数個できる場合もあります。

治療方法

炎症を繰り返す時には、手術で治す事ができます。局所麻酔下で嚢胞壁ごと腫瘤を切除します。肛門周囲の粉瘤の場合は、痔瘻との鑑別のために経肛門超音波検査を行います。細菌が感染した時は抗生剤の治療や切開排膿が必要です。その後炎症が無くなったら改めて袋を切除します。

予防

これといった予防法はありません。脂っこいものを控えると良いなどと言われることもありますが、皮膚の体質による差によることが多く、一度できると自然治癒は難しいといわれています。

医療法人 恵仁会病院グループ

松島クリニック 大腸内視鏡検査 大腸癌の早期発見女性専門完全予約制 松島ランドマーククリニック 肛門疾患専門のクリニックです。

医療法人松島病院大腸肛門病センター