痔ってなんだろう?

毛巣洞(もうそうどう)

疾患の概略

仙骨部、尾底骨近くのおしりの割れ目にできる慢性の皮膚の炎症です。生来皮下に空洞があったり、毛髪が皮下に迷入したりして炎症を起こし、腫れ、排膿を繰り返すという、慢性の経過をたどります。痔瘻との鑑別が大切です。

症状と特徴

おしりの割れ目付近の痛み、腫れ、膿が出続けるといった症状があります。若年男性で体毛の多い人に多く発症すると言われていますが、女性に発症する事もあります。

治療方法

皮下に膿がたまっている場合は、まず局所麻酔または腰椎麻酔をして切開排膿を行います。多くの場合で炎症を繰り返すため、炎症が治まった時期に腰椎麻酔をして病変部の皮膚を切除します。

予防

臀部の体毛の除去が有効と考えられています。特に根治切除術後は脱毛を推奨しています。

医療法人 恵仁会病院グループ

松島クリニック 大腸内視鏡検査 大腸癌の早期発見女性専門完全予約制 松島ランドマーククリニック 肛門疾患専門のクリニックです。

医療法人松島病院大腸肛門病センター