痔ってなんだろう?

直腸粘膜脱(ちょくちょうねんまくだつ)

疾患の概略

直腸粘膜脱は、直腸の粘膜の一部が伸びて肛門外に押し出されて脱出してくるものです。長い期間の便秘や過度の息みなどにより直腸粘膜がたるんで起こります。

症状と特徴

直腸粘膜は皮膚とは異なり、柔らかく、もろいため、出っぱるだけでなく、粘液で肛門の周りがベタベタする、下着に粘液や血液が付くなどの症状があります。外から赤い直腸粘膜の脱出が確認できます。

治療方法

お薬などの保存的治療で改善しない時は、手術治療が必要となります。いろいろな肛門の手術後に起こる場合もあり、肛門科専門医療施設で治療をお勧めします。

予防

排便時にいきみ過ぎない、トイレは短時間で、硬い便・緩い便にならないように食生活などを改善するなどが必要です。

医療法人 恵仁会病院グループ

松島クリニック 大腸内視鏡検査 大腸癌の早期発見女性専門完全予約制 松島ランドマーククリニック 肛門疾患専門のクリニックです。

医療法人松島病院大腸肛門病センター