痔ってなんだろう?

外痔核(がいじかく)

疾患の概略

痔核とは俗にイボ痔と呼ばれ、最も多く見られる痔疾患の代表であり、できる場所によって内痔核と外痔核に大きく分けられます。皮膚と直腸の境目(歯状線)より外側の皮膚側にできるものを外痔核と言います。

症状と特徴

表面が皮膚に覆われている部分の痔静脈叢(血管が集まったところ)がうっ血し膨れた状態です。皮膚は粘膜に比べ丈夫で伸びにくいため、通常は痛みや出血などもなく、気にならなければ、そのままにしておいても問題はありません。傷や炎症で急に腫れた時には痛みを感じます。また女性は妊娠や出産時の息みで静脈叢がうっ血し短期間のうちに大きく腫れることがあります。

治療方法

一時的な痛み、腫れは、軟膏や坐剤などの薬と、安静にして入浴などで温め循環を良くすることでも症状を和らげることができます。強い痛みを伴う大きな膨らみや元に戻らない変形は外科的に切除して治療できます。

予防

便秘、トイレで長時間座る、強く息むなどの習慣は止めましょう。また長時間座り続ける、しゃがみ続ける、立ち続けるというような同じ姿勢を続けることもよくありませんので、仕事柄こうした姿勢を取らざるを得ない人は、時々休憩をとったり軽い体操をしたりすることをお勧めします。

医療法人 恵仁会病院グループ

松島クリニック 大腸内視鏡検査 大腸癌の早期発見女性専門完全予約制 松島ランドマーククリニック 肛門疾患専門のクリニックです。

医療法人松島病院大腸肛門病センター